スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘土:ウッドフォルモを使った作品

粘土のなかには色んな種類がありますが、そのなかでも粘土スイーツに使用される事が多いのが樹脂粘土の「グレイス」や「モデナ」、軽量粘土の「ハーティソフト」「天使のねんど」「ふわふわムース」などが有名だと思います。

今回は“木の粘土”“木粉粘土”と呼ばれる種類の、ウッドフォルモを使った作品を紹介します。
prod18[1]
画像をクリックで公式ページへ♪購入はユザワヤさんなどでどうぞ。
粘土を扱っている手芸屋さんや画材屋さんなどで購入できます。
ダイソーにも似た商品があるそうです(使った事は無いのですが、スパイス的な使い方なので安くてもいいかも?)

★乾燥前
繊維っぽくてかなりシットリしています
そのまま混ぜ込んでも大丈夫です
(最初から少し湿ったような状態なので)


★乾燥後
単品で使うとかなり硬くなる(本物の木に近い)
歪み・縮み率が高い気がします
クッキー等、薄い物を乾燥させるときは様子を見ながら乾燥させたほうがいいです


保存法は、ジップロックなどに入れて保存しておけばOK。
少しずつしか使わないので、お友達と一緒にわけて使ってもいいかも…。


ウッドフォルモは単品で使うと本当に木のようになってしまう事&乾燥に時間がかかる事から、他の粘土に少しだけ混ぜて使うといいと思います
どんな粘土にも合いますが軽量粘土と混ぜて使うとカンタンにビスケットのような生地ができます
白い粘土に混ぜれば勝手にクッキー色になってくれるので、絵の具は焼き色だけでOK♪
少量でもかなり存在感を発揮する粘土です。



ウッドフォルモを使った作品がコチラ(粘土スイーツをはじめたての頃の作品です)
gofugofu1.jpg
軽量粘土:5 樹脂粘土:1 ウッドフォルモ:2(目分量です;)
モデナを混ぜたので、かなり薄く伸ばしても大丈夫でした。感触はかなり硬いです。
絵の具は全く使わずにこの色です。
軽量粘土の配合を少なくすると、もっと濃い胚芽クッキーのような色になります。

bububuse1.jpg
軽量粘土:8 ウッドフォルモ:1(目分量です;)
かなりウッドフォルモを少なめに使ったのがこのブッセです。
最初に粘土を5:1くらいで混ぜたところ色が濃かったので、軽量粘土を足しながら様子を見て作りました。
(・ω・;)分量間違えてたらゴメンナサイ。
補足:あいだに挟まってるのはダイソー粘土の白です(笑)乾燥するとフワッとします。
上にかかっているチョコはグルースティックのブラウンを使用(現在ダイソーでは売り切れ続出のようですが、コーナンなどホームセンターにも置いてあったりしますよ~)
シュガーはジェッソ(画材屋さんに売ってる、アクリル性の下地材です)のホワイトをステンシルブラシでトントンッとたたきました。


DSC_0061.jpg
軽量粘土:8 ウッドフォルモ:1 +赤(アクリル・水彩でも可)(目分量です;)
上のブッセの記事の残りに、絵の具の赤を足して苺ブッセにしました。
ウッドフォルモの粒子とほんのり色付くブラウンが、苺を練りこんだ生地を表現するときもより自然で本物らしい色に仕上がります。

ロールケーキなんかを作るときも、ほんのすこーしウッドフォルモを混ぜるといいと思いますよ♪混ぜすぎると大衆的なお菓子に仕上がってしまうので(笑)少しずつがポイントです。


BY:SWEETS DECO SHOP★GMOC

にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
スイーツデコ WEB SHOP 探検隊
ランキングに参加しています♪
応援していただける方は「デコ小物」バナーを1日1回クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ : ★粘土スイーツ★ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コンバンヮ♪(-ω-`*)
リンクありがとうございました○┓ペコ
こちらもリンク貼らせていただきました(≧▽≦)″
改めましてよろしくお願いします♪(u_u人)

ウッドフォルモは分量を変えて混ぜるといろんなものに変身しますよね~(≧▽≦)″
ウッドフォルモそのままだけだと、アーモンドそっくりになりますよ^^

>のりちさん
わわわー(人´ω`*)<いらっしゃいませですー!
へっぽこサイトにリンクもありがとうございますv-238
アーモンドはまだ作った事無いんですよ~!いいなぁと思いつつ!
ウッドフォルモそのまんまでOKなんですねv
パフェ用のコーンフレークも作ってみたいなぁと思ってるので、その時に挑戦してみようと思いますv-91i-203

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。